初七日法要

(しょなのかほうよう)

 拝啓 大切な方を失われ、深いご悲嘆の事と、哀心よりお悔やみ申し上げます。

 毎日、手をあわせ、声に出して『南無阿弥陀仏』とお念仏を称えて下さい。

 念仏を称えることで、気持ちが安らぎ、仏様の温かい皆様への、慈しみの心にふれる

 ことが出来るのです。それは、お念仏しますと、亡き方と気持ちが通じ合い一体となれ

 るからです。

 亡き方は、どこか遠くの世界に行ってしまったのではなく、いつでも、お念仏を称える、

 皆様とご一緒なのです。毎日、朝・晩仏様の前に座り、お念仏を称えるということを、

 日頃の習慣として身につけて下さい。

 さて、亡くなられて1週間がたち、初七日法要になりました。

 これから、一週間事に、二七日法要、三七日法要・・・、と続いていき七七日法要

 (49日法要)まで法要がございますが、その間に残された私たちが尊い「いのち」の

 学びをいたしましょう。

 私たちもまた「朝には紅顔あって夕べには白骨となる身」(白骨の御文章)であるだけ

 に、生かされている今を大切に、尊い人生を生きなければなりません。

 かけがえのない、やり直しのきかない、一度限りの私の人生を見詰め直し、

 「本当に安心して生きる道、安心して死んでいける道」を歩ませていただきたいと思い

 ます。それが、お浄土への人生です。亡き方は、命とひきかえに私に、人生の大切な

 事を学ばせて戴きました。

 まだ、ご仏壇をお迎えされていないお宅は、ご本尊、阿弥陀如来様を京都のご本山よ

 りお受けするのが正式でございますので、お寺にご相談下さい。

 また、浄土真宗は、本位牌は作らず過去帳にいたします。また、法徳寺では、一周忌

 までを目処に、毎月のご命日にお参りいたします。

ご希望の方は申し込み下さい。                          

ニ七日法要へ