法徳寺の本堂が一般公開されました


文化財保護強調週間
あつぎの文化財一般公開
平成18年11月3日(金)〜5日(日)
午前10時〜午後3時
テーマ:身近な文化財との出会い


法徳寺縁起・宝物紹介 (厚木市文化財課作成パンフレットより)

山号:知恩山高栄院
宗派:浄土真宗本願寺派
本山:京都 西本願寺
本尊:阿弥陀如来立像
開山:教信(永正元年1504年往生)

本堂は、寛政12年(1800年)の建築、須弥壇(しゅみだん)は、部材の墨書(ぼくしょ)から享保3年(1718年)に飯山村(現厚木市飯山)の大工西海杢兵衛(にしがいもくべえ)ほか4名によって作られたことがわかる。

当時の住職、空恵師の文字で、全門徒が協力して、阿弥陀様に救われた喜び、報恩謝徳の為に、建立したという、文字に感動します。南無南無




木造 聖徳太子立像 美豆良(みずら)を結った16才の孝養像(こうようぞう)で寄木造り(よせぎづくり)、玉眼嵌入(ぎょくがんかんにゅう)である。制作年代は、室町時代末から桃山時代頃とみられている。台座裏(だいざうら)には次の墨書があり、「新編相模国風土記稿(しんぺんさがみのくにふどきこう)の法徳寺についての寺伝すなわち「当寺は下総(野)国佐川法得寺(高栄山知恩院と号す)より分かれし由云伝ふ」と一致する。
「下野国奉芳賀郡佐川野法得寺 釈教信所持
聖徳太子尊像
          相州大住郡岡田村
          龍光山高栄院法徳寺宝物
慧信僧都御作」
また、この像の胎内には江戸時代に作られた高さ12.2no
木造聖徳太子立像一体と文書3通が納められている。



平成18年10月5日、当日、案内をしてくださいますボランティアさんたちが、打ち合わせに来寺されました






文化財公開のため、ケーブルテレビの取材がありました



何度かNGを出してしまい、やり直しです。難しいですね(笑)