念仏の口止め

「念仏の口止め」という行事があるそうです。これは正月を迎えるために行われてきた風習で、後記しますが浄土真宗門徒としては全く不愉快な習わしです。地方によって日は異なりますが、だいたい12月16日に行われることが多いようです。ただし法徳寺がある厚木市ではそのような風習は聞いたことがありませんし、どの地方でこの風習が残っているかも特定は出来ませんでした。

 「正月」は「年神様」を迎えるための祭りだったそうです。昔は亡くなった人の魂が山へと行き山の神様となり、春には里に下りてきて豊作をもたらす田の神様となり、秋には収穫後に山へと戻り、また山の神様となると考えられてきました。その山の神様が正月に「年神様」になり、子孫の元へ訪れ、豊作と子孫の繁栄を護ってくれると信じられていました。

 この年神様を迎える準備をするのが12月13日の「正月事始め」で、つまり「煤払い(大掃除)」です。近年では「仕事納め」が年末に迫っているため、この日から大掃除をする人など少ないかも知れません。しかし有名神社仏閣ではこの日に長い竹箒で建物をはらい清めます。

 ところがその年神様は念仏が嫌いなのだそうです。これは神道の神様であるから、念仏が嫌いなのは分からないでもないですが、私の推測するところ、正月というのは新しい年を迎えるめでたい日であるので、死を連想する念仏は排除した方が良いとのことだと思います。そこで、12月16日にはその年の最後の念仏を行い、それ以降は念仏を称えないという風習ができあがったのでしょう。もちろん、年神様に遠慮しての事だから、年神様が帰った後は念仏を始めます。その念仏を始める日が、正月16日で、これを「念仏の口開け」といいます。「念仏の口止め」から「念仏の口開け」まで、ちょうど一ヶ月間の念仏停止になります。この風習のある地域の熱心な浄土宗や浄土真宗信者は、歯がゆい期間だと思います。

 浄土真宗では死を忌み嫌うという考えがありませんから、念仏が縁起が悪いなどという考えは認められません。死を忌み嫌うというと、ご先祖様を忌み嫌うという考えになりかねないからです。死は誰にでもいつかは訪れ、念仏はご先祖様や阿弥陀さまに照らされている、今ある自分の立場に感謝する気持ちで称えるのです。ですから念仏もお経も、遠慮無く一年中毎日称えるべきです。年末にはこの一年を振り返り、無事を感謝し反省するお参りをするべきですし、実際そのお経の依頼もあります。正月には各々でお墓参りにいっても良いですし、法徳寺では「正月法要」も盛大に執り行いますので、これに参加するのも良いでしょう。

 現代はさまざまな宗教や俗習がありますが、自分の信じている宗教の風習に従うのが一番だと思います。

 参考文献 仏教とっておきの話 ひろさちや 新潮社