生まれの苦しみ

仏教用語というのは、実に多彩でして、日本人にはなじみの深い言葉も元をただせば、仏教語というものも少なくありません。その中でも日常的によく使う言葉で、大変苦労したという意味の言葉に「四苦八苦」という四文字熟語があります。しかし仏教では単純に苦労をした、などという意味で使う言葉ではなく、人間が生きていく上で経験する、最も辛い苦しみを言い当てた言葉です。

内容を説明すると、前半の四苦とは人間の基本的な苦しみを意味していてそれは

−生・老・病・死−(しょうろうびょうし)

の四つの苦しみのことを指します。後半の八苦とは、

怨憎会苦(おんぞうえく)、恨みや憎しみを感じる人と出会う苦しみ。

愛別離苦(あいべつりく)、愛する人と別れる苦しみ。

求不得苦(ぐふとっく)、欲しい物が手に入らない苦しみ。

五蘊盛苦(ごうんじょうく)精神、肉体的に(五種の)様々なものに執着することで生じる苦しみ。

の四種の苦しみを最初の四苦に足して八苦と呼ぶのです。

今回は人生の基本的な苦としている、前半の四苦について学んでみたいと思います。

−生・老・病・死−すなわち、生まれることは苦であり、老いることは苦であり、病むことは苦であり、死ぬことは苦である。というのですが、このうち老苦、病苦、死苦の三つの苦は説明が無くても分かると思います。しかし生苦についてはわかりにくいし様々な説があります。

ある人は、これは赤ちゃんが生まれる特に体験する、狭い産道での苦しみを指すものだといいますが、それは短時間の苦しみであり、人生における四苦の苦しみに入るかといえば疑問が残ります。

また生きること、人生そのものが苦しみなのだという考えもありますが、そう言ってしまったら後の苦の存在に意味が無くなってしまいますし、人生は苦しいだけで楽しみなど全く無いかのようにも聞こえます。

私の解釈は、生まれを選べない苦しみのことだと思います。すなわち私たちは生まれる時代、国、町、家族、生んでくれた母親を自分では選べず、気が付いたらこの家族この母親の元に生まれていたのですが、それを自分では選ぶことができず、定まった場所に生まれてくることが苦しみなのだと思うのです。ただこの思想は厳しい環境に生まれた人にしか分からない考えでしょう。ほとんどの人は愛情を持って育てられ、この国に生まれて良かった、この家族に生まれて良かったと思えるでしょうが、生まれてすぐ母親に捨てられる事件などもあるように、辛い境遇の人には身にしみてわかる苦しみだと思います。しかしこの考えですと自分が幸せならば、辛い境遇の人を見下す差別的な考えになってしまいます。ですから少し違う捉えかたをしてみます。

人間は生まれてまもなく欲望というものを持ち始めます。いわゆる煩悩です。人の物が欲しい、あの子はお金持ちでうらやましい。そんな人をうらやむ気持ちは一生持ち続けるものです。自分の今ある幸せを省みず他の人がうらやましくて仕方ない、煩悩に満ちあふれた欲望の苦しみ。つまり生まれの苦しみとは、今の自分の立場を運命(生まれの境遇)と決めつけ、努力を怠り、人をねたみうらやむ、煩悩に満ちあふれた生き方を指すのではないでしょうか。

「生まれて、すいません」太宰治の作品中に出てくる言葉です。こんな謙虚な言葉が出るようならば立派な人といえるでしょうが、ほとんどの人は「気が付いたら生まれていた」といったところでしょうか。「生まれてやったんだ」なんていう人はいないと思いますが。

参考文献 仏教とっておきの話 ひろさちや 新潮社   仏教早わかり百科 主婦と生活社