浄土真宗のお盆

 この時期になると、お盆に関する質問が多数寄せられます。「お盆の供養はどうしたらよいか」「仏壇はどのように飾るのか」「提灯は必要なのか」「先祖をお墓に迎えに行くのはいつがよいのか」といったものが多いでしょうか。そして「浄土真宗のお盆は何も特別なことはしなくて良いのです」といいますと、「それではお盆らしくない」だとか「親戚の手前何も飾らないわけにはいかない」といった話になり、ややこしくなります。今回は浄土真宗のお盆がなぜあっさりしているかを説明したいと思います。

 浄土真宗のお盆は、一般に知られているようなお盆とはだいぶ違います。浄土真宗ではお盆の時期だけ特別、丁寧に供養をするという考えがありません。ここまで言いますと「浄土真宗は変わった宗派なのだな。だから“門徒もの知らず”などと陰口をたたかれるのだ」などと思う方もいるかも知れません。しかし私たちの考えこそ、仏教本来の教えに近いものだと思います。その理由は、現在のお盆が日本独特の「霊」信仰から成り立っているからです。

そもそも私たちは仏教徒のはずです。ですから命を終えたら「仏」になりお浄土に往生させて頂くのです。「霊」になって自縛霊や背後霊になったり、怨霊がこの世に生き続け、悪さをしたりするといった考えはないはずです。また仏教では魂と肉体を別々に考えません。いのちを終えたら「その人自身」がお浄土に往生し仏となるのです。霊魂になってこの世に舞い戻り、人間に悪さをするだとか、次にあの世に行く人間を引き入れる。といった考えはありません。そもそも霊という言葉は仏教の教典のどこにも出てきません。

ですからお盆の時期だけ霊魂が帰ってきて、その時期が過ぎたら帰って下さいというのでは、ご先祖様は普段は私たちの周りに居て欲しくない「悪霊」になったものと捉えているように思えます。あれだけお世話になった故人に対し亡くなったとたん「悪霊」扱いではあまりにも身勝手すぎます。私たちは、生前お世話になった故人が、仏さまになった後も暖かく見守られ続けているのです。ですから毎日仏さまと共に人生を歩んでいるのです。お盆の時期だけ供養をするというのが、間違っていることはそこにあります。「毎日がお盆だと思い、仏さまへの気持ちを絶やさない」これが浄土真宗の考えなのです。

もちろん「盂蘭盆経」(お盆の起こりといわれる逸話の書かれたお経)に基づく供養として、お寺でお盆法要などの儀式は執り行います。しかし迎え火や送り火といった風習や、精霊棚を設置し、なすやキュウリで馬や牛をかたどった細工等はしなくて結構です。ただ「世間体」というのもありますから、ある程度の仏壇へのお飾り、また「先祖を迎える」意味ではないお墓参りなどはぜひ行って下さい。

お盆のいわれにちなんでご先祖を敬い、遠いご先祖から喜んでこられたお念仏の教えを、お盆を機縁として味わって下さい。それが浄土真宗のお盆の迎え方です。