二七日法要

(ふたなぬかほうよう)

 
 皆様、毎日、合掌しお念仏を称えていらっしゃいますでしょうか?
 
 さて、二七日法要になりました、気持ちは落ち着かれましたか?亡き方は、阿弥陀仏のはたらき

 によって、迷いの娑婆世界を離れ、悟りの世界、お浄土に生まれ仏様となられました。

 しかし、浄土で安らかに眠っているのではなく、仏様はいつでも娑婆世界にお帰りになり、私

 たちを、護り支えてくださるのです。そこで、私たちは、毎日、朝・晩必ずお念仏・お経を称え、

 故人を偲ぶと同時に、阿弥陀仏に感謝申し上げなければなりません。お経は、「正信偈(しょう

 しんげ)」「重誓偈(じゅうせいげ)」「讃仏偈(さんぶつげ)」「阿弥陀経」などを称えますが、

 「般若心経」は称えません。しかし、誤解しないでいただきたいのは、念仏・お経を称えるのは、

 故人の霊を慰めたり、成仏させるための呪文ではなく、今までの人生のご苦労を偲び、現在は

 阿弥陀仏と共に仏様となって、私たちを救いとるはたらきをして下さっていること、そして、やがて

 は、私たちも命終わるとき、浄土に生まれ、再会出来ることを喜ばせていただき、感謝させていた

 だく為です。これからの皆様の生活が、お念仏と共にあることが、故人が一番喜ばれるのです。

                                                       合掌

三七日法要へ