三七日法要

(みなぬかほうよう)

 
 拝啓、早いもので、三七日法要になります。

 毎日、仏前にお参りし、お念仏・お経を称えることが、一番心が安らぐと思います。

 『仏説阿弥陀経』に倶会一処(ともに一処に会う)とあります。これは、浄土に往生すると、

 また善きひとたちと出会えるという意味です。幸いにも、同じお念仏を称える者は、同じ

 浄土で再び会うことが約束されています。大切な方を失ったものにとって、これほど有り

 難い言葉はありません。故人が『死』をもって教えて下さったお浄土への道を、私たちも

 また、お念仏と共に、歩ませていただきましょう。

 これから、私たちも残された人生、お浄土への旅を続けていくわけですが、楽しいことば

 かりの 人生ではないでしょう、。あり谷あり、思い通りにいかないし、いつ何時、何が起

 こるかわかりません。しかし、決して、一人ぼっちで行く寂しい旅ではありません。

 いつでも、どこでも仏様が支え導いてくれる、安心した旅であります。

 いつでもお念仏と共に生き抜いて下さい。

 それが、故人が一番喜ばれることであり、かけがいのない「いのち」を大切に生きる道

 です。 浄土真宗は、「さようなら」ではなく、「今までご苦労様、ありがとう、また会いまし

 ょう」とお別れしたいものです。                               合掌

四七日法要へ