四七日法要

(よなぬかほうよう)


 「二つの手を一つに合わす事は、二つの山を一つに合わすより難しい」

  時には、振り上げ相手を殴るこの手を、今人間として最も美しく平和な合掌の姿に変えて

 下さったのは、愛しい故人であります。また、なかなか尊い言葉の出てこない、何かあると

 人の悪口しか出てこない、私の口から、今、お念仏が出てくる、何て尊いことなのでしょうか。

 これは、阿弥陀様が常に、私の真の幸せを願って慈悲の心を恵み、私の心に入りこんで下

 さっている証拠なのです。私が念仏を称えているつもりでおりますが、お念仏は、いつでも、

 仏様が私を心配し、念じて下さっていればこそ私の口から出てくる尊い言葉なのです。

 仏様は「私がいるから、安心して生きておくれ」といつでもどこでも呼びかけて下さっているのです。

 「まさに、故人はこの私に、仏縁を結んで下さった御方であった」と偲んでいく事が、故人を仏様

 として拝んで行く道ではないでしょうか。亡き方を、仏様として受け止めるか否かは、遺った者の

 問題です。

 阿弥陀仏は、時に、我が夫、我が妻、我が息子・娘・祖父・祖母・・・・という姿をとり、私に、

 仏縁を与えて下さるのです。本日は四七日法要になります、共々にお念仏申させて頂きましょう。

                                                       合掌

五七日法要へ