五七日法要

(いつなぬかほうよう)

  
 拝啓 日々お寂しい思いでお暮らしの事と存じます。日が経つにしたがって、その人の

 御恩に素直に手を合わす事が出来るようです。

 亡き方は、日頃は他人事としか思っていなかった、死というこの厳しい現実から、私たち

 もまた、まぬがれることができない存在であり、出会った者は、どんなに愛しくとも、いづ

 れ別れて いかなければならないことを教えて下さいました。

 これは、故人が私たちに身をもって示してくださった、人生最後の教えです。

 阿弥陀仏は、亡き方に、深い哀れみと慈しみの心をおかけ下さっています。

 み光のうちにおさめとり、いだきとってお浄土へ迎えて下さいます。

 私は、家族のどなたかが お別れを迎える時、「あなたに会えて本当によかった。

 あなたのおかげでいい人生でありました。 ありがとうございました。今度は、お浄土で

 お会い致しましょう」とお別れのできる、ご家族であってほしいと思います。

 残された皆様が、この悲しみを苦しみを御縁として仏様の教えを聞かさせて戴く身になる

 ことが何よりも大切なことです。本日、五七日法要です。     合掌

六七日法要