深い眠りにつくための方法
@ 出来るだけ毎日同じ時間に起き、朝起きたら、太陽の光を浴び、体内時計を調節する。

A カフェインを多く含む、お茶・コーヒーなどは夜7時以降とらないようにする。

B 風呂は食事の前に済ませる。

C 食事は、寝る2時間前までに済ませる。

D 寝る1時間前から部屋を暗くする。

【自律訓練法】

@ 布団にあお向けに寝る。水の上に浮いた状態を思い浮かべ、天井をぼんやりと一つの

  物に焦点を合わせぼんやりと眺め、目の筋肉をリラックスさせる。

A 大きく深呼吸をし、細長く吐き出すようにする。

B 自己暗示「手足がポカポカしてきた」と自己暗示をかける

【よく眠れる為の物質が多く含まれる食材】

豚肉・鶏肉・牛乳・卵・あさり・牡蠣・にんじん・レバー・春菊・レタス・鯖・海草

               これは、先日テレビで放映しておりました健康番組を、何気にメモをしていたものです。

                睡眠はとっても重要なだけに、健康番組にはよく取り上げられるテーマですね。

                果たして効果のほどは?はっきり言ってあまりないでしょう。一番の方法は、ストレスを

       溜めない、悩まないということです。でも、それが出来れば苦労はしませんよね。

       私は、小学生の頃、夜眠れないと、父親が正信偈を称えてくれたのを憶えています。

       子供ながらに、お経には、心を落ち着かせる作用があるのだと思いました。

       帰命無量寿如来…と聞こえてくると、不思議に眠くなりました。

       前にも書きましたが、法話の途中、よく居眠りをされる方がいらっしゃいます。

       私は、それを見ては、一生懸命話しているのに、失礼な人だ!と腹立たしかった

       のですが、最近は、仏様の前に座らせて頂き、仏様のお話しをお聞きすると心が

       落ち着くからなのだといいように解釈するようにしました(笑)。

       決して、私の法話がつまらないのではないのです!

       仏様が、必ず、お救い下さるのですから、有り難くなって安心しますからね、

       「みんな地獄行き!」という話しであれば、居眠りなど出来ません。

       この世を生き抜くことは、決して容易なことではありませんから、誰しもが多かれ

       少なかれ、悩みや苦しみを抱え生きています。時には、心が疲れて眠れないなんて

       ことは、誰もが経験されたことがあるでしょう。

       私なんて、些細なことで悩み、眠れないなんてことはしょっちゅうです。

       そんな時は、まずは、楽しいことを考え(笑)、それから、お念仏を称えることに

       しております。勿論、悩みが、お念仏で即座に消えるという訳にはいきませんが、

       いくらか、心の疲れをほぐして下さいます。

       だって、南無阿弥陀仏のお念仏は、阿弥陀様から私への呼び声ですからね。

       南無阿弥陀仏は、私の口を通じて、阿弥陀様が、「私は、いつもおまえの側を

       離れず、支えているぞ」という、呼び声であり、励ましのお言葉ですから、

       元気が出ます。

       先日、ある布教使の先生から『供養』という言葉の意味について教えて頂きました。

       『供』とは、「供える」です。仏様にお参りする際には、お花や香などのお供え物を

       致します。『養』とは、「養う」です。これは、仏様にお参りすることにより、私たちの

       心が養われるという意味です。

       皆さんは、毎朝のご仏壇へのお参り、お墓参りを致しますと、どんなお気持ちに

       なられますか?       

       少なくとも、気分が悪くなる方はおられないと思います。

       仏壇の前だけではありません、いつでも、どこでも、お念仏を称えた時いかがですか?

       その時に、どんな気持ちになるのか、私は、心が休まり、腹がたっていたときでも、

        少しは心が平穏になります。そして、何か、生きる元気がわいてくるし、自分を冷静

        に見つめることができます。

        供養というと、すぐに「先祖供養」という言葉が浮かびますが、浄土真宗的な

        供養の意味は、私たちから、亡き方へ供養するという一方的な意味ではなく、

        「供養」とは、いつも仏様から養われているのですから、出来るだけ、感謝の

        意味を込めて、お供えさせていただこうということなのです。

        仏様への供えには、高価なお花やお香よりも、お念仏を称えるのが一番なのです。

 

副住職 伊東英幸