あらためて南無阿弥陀仏

今回はあらためてお念仏の意味を探ろうということで、ご一緒にお勉強

しましょう。普段何気なくお称えしているお念仏、南無阿弥陀仏。私たち

浄土真宗のお念仏は、何度も申しあげているとおり自力の行ではあり

ません。自分で称える念仏の数や称え方によって功徳があるのではな

く、すべての人を救うという仏さまの誓いを信じさせていただくのだか

ら、仏さまへの感謝とよろこび(仏恩報謝)のお念仏です。「南無」とは、

古代インド語の「ナーム」の音写です。漢訳すると「帰命」となります。

一切衆生を救うという阿弥陀如来の誓いを聞いて、その救済を信じたと

きに、おのずから口をついてくださるのが「南無阿弥陀仏」なのです。

それでは、信心のよろこびに至らぬままにお念仏を称えるというのは、

どういうことになるのか、という反問が生じるでしょう。これについての答

えは、易しいようで難しく、一言で言い表すことはできません。ですから、

私の場合、お寺やお仏壇の前は、仏さまを敬う場所なのだから、まず、

仏さまへのごあいさつという意味を含めて、手をあわせ「南無阿弥陀

仏」とお称えしましょう、とお答えしています。お念仏の深いおいわれを

あじあわせていただくのは、そのようにして、お念仏を身近に親しむ、と

いう日常から始ると思うのです。

親鸞聖人は称名念仏には他にも様々な意味があると、代表的著述

「尊号真像銘文」の中で述べています。

@ 「南無阿弥陀仏をとなふるは仏をほめたてまつるになるとなり」

これは仏コ讃嘆というものでお念仏が自然と口に出た時、仏さまの

お徳の偉大さ素晴らしさを褒めたたえることにもなるのだと教えて下さ

います。

A 「南無阿弥陀仏をとなふるは、すなわち無始よりこのかたの罪業を

懺悔するになるともうすなり」

「無始より」は人間としていのちを授かってから今日に至るまでだけでな

く、生まれる前遠い遠い昔、六道輪廻の世界を経巡っていた頃からとい

うこと。長年の罪業をお念仏一つで悔い改めてくださる阿弥陀如来様の

偉大さ を感じず にはいられません。勿論念仏を称えた事を手柄と考え

てはいけません。

B 「南無阿弥陀仏をとなふるは、すなわち安楽浄土に往生せんとおも

ふになるなり」

これも念仏によって往生を遂げたいという自力の心ではなく、お念仏の

教えを信じた時、自然と阿弥陀仏の安楽浄土に生まれさせてもらいた

いと欲する気持になるということです。

C 「南無阿弥陀仏をとなふるは、一切衆生にこの功徳をあたふるにな

るとなり」

信心が相続し常にお念仏が口に出てくるようになると、自分の周りの

方々を感化しお念仏が広まります。そして名号の徳をお互いに与える

ことになります。

D 「南無阿弥陀仏をとなふるは、すなわち浄土を荘厳するになるとしる

べしとなりと」

念仏を称えることは、浄土をきれいにすることになります。念仏者は

この世にいながら、阿弥陀仏の仏弟子に仲間入りをし、位を等しくする

のであって、浄土を荘厳する徳を備えることになります。

このように経典には沢山のお念仏の意味が説かれていますが、私は仏

さまに対する素直なお気持ちが何より大事だと思います。

阿弥陀如来様またはなき方を思い浮かべながら、日頃の自分の行ない

を反省し仏さまと心静かに対話をさせていただく。このような当たり前の

お念仏で結構なのです。ただ自分の欲をかなえる為に仏壇に向かいお

念仏して欲しくはないということです。

副住職   伊東 知幸