歎異抄 第3章 〜悪人正機説〜

冒頭「善人なをもて往生をとぐ、いわんや悪人をや」と書かれるこの章は、歎

異抄の中でももっとも有名な一節です。最近出版された「声に出して読みたい

日本語」(斎藤 孝  思想社)の中にも記載され、日本の文献の中でも特異

で逆説的なその内容は誰の心にも深く印象づけられます。

逆説的という言葉は親鸞を語る上で、決して書かせないキーワードです。第2

章でも「たとえ法然上人にだまされて、念仏して、地獄に堕ちたとしても、もとも

とどんな行でもダメな身なのだから、地獄が住処となるのは仕方ない」と述べ

られたように、親鸞の思想は逆説の手法を取り入れています。自力と他力の

関係も同じでしょう。自分から仏になろうと努力することは、往生にはほど遠

い。全てを大いなる慈悲に満ちた仏に任せることで仏の救いに預かることがで

きると。

法律は罪を犯した者を犯罪者、すなわち悪人とします。しかし宗教ではほとん

どの人間を悪人と見なすのです。それは神や仏が狭量だからでしょうか。もし

阿弥陀仏の本願が善人を救ってやろうというものだったら、心が狭いといえる

でしょう。ところが阿弥陀仏は悪人を救ってやろうというのだから常識はずれ

です。逆説的どころか全くもって逆です。

善人すなわち自分の力で善行が出来るものは、他力に頼ろうとする心がどう

しても弱くなります。阿弥陀仏の本願はこういう善人のためのものではないの

です。悪人は自分の力では何もできない。そこで他力に頼らざるをえなくなる。

煩悩でいっぱいの我々がこの生死の苦しみの世界から、いかなる修行によっ

ても脱却できないでいるのを、阿弥陀仏は哀れに思って願を立てて下さったの

です。そしてその本願の本意は悪人を仏にしてやろうということです。だから他

力にすがらざるをえない悪人こそ、浄土に往生できるのです。自分の力で往

生できるなら仏はいらない。仏に頼る心があるかどうかが問題なのです。だか

ら悪人とは他でもない、自分ではどうしようもできない我々のことなのだ。

「悪人とは自分の悪を自覚して、そのために泣いて心の砕けた人間のことだ。

善人とは自分の中の悪にも気づかず、うぬぼれ、心を固く閉ざしている人間の

ことだ」

だから悪人でさえも往生できるのです。このもっとも有名な語句には、このよう

な深い意味合いが込められていたのです。

          参考文献 マンガ歎異抄入門 ひろさちや サンマーク文庫