倶会一処の世界(浄土真宗のお墓)

                     法徳寺 副住職 伊東知幸

私ども法徳寺では、毎日のようにご門徒さんの法事を勤めておりますが、その会場はお寺、ご自宅、お墓(霊園)と

多岐にわたっています。特にご縁が多いのが墓前でのお経です。多くの皆さんが「お墓には先祖の霊が眠ってい

る」とおっしゃり供養を大切にしているようです。故人の好きだったお酒や食べ物などを供え、故人の“霊”に手を合

わせて慰めることがお墓参りだと思っているとしたら、それは少し筋が違います。

はっきり言って、お墓に先祖の霊が宿っているのではありません。実態的な霊をそこに見ようとするのは、他ならぬ

「私」の執着心がさせているのです。実際には、故人はお墓の中に眠っているわけではなく、既にお浄土に帰られ

ています。そして、お浄土から私たちに向け、如来さまの真実を知らせんが為にはたらいて下さっているのです。

 お念仏の信心を頂く私たちは、幸いにもいつかそのお浄土に生まれさせていただく身です。お浄土に生まれさせ

ていただいた暁には、世俗のわだかまりから開放されて、共に手を取り合いお念仏の法を説くことになります。この

お心こそ「倶会一処」であります。

 その名のとおり、「共に一つの処でお会いしましょう」と言う意味ですが、お念仏の教えを頂く私たちは誰一人例外

なく、輪廻転生から開放されてお浄土に生まれることが出来るということでもあります。

 お浄土は、一人ひとりが仏として互いに敬い合い、心を通わせる世界です。男とか女とかの区別もなく、いのちそ

のものが躍動し合う世界なのです。そのお浄土に故人が、生まれさせていただいているかを、心配する必要はまっ

たくありません。むしろその心配は疑いの心から生まれたものであり、仏さまの教えを素直に受け入れられない私

に、問題があるのです。だれをも平等に往生させていただく、阿弥陀さまのお心の広大さを、感激の心で受け止め

たいものです。

 お墓に話を戻しますが、私ども浄土真宗本願寺派では、石碑の正面に先ほどの「倶会一処」か「南無阿弥陀仏」

と刻むように薦めております。ご先祖を偲ぶ上でも、人生無常のことわりをかみしめる上でも、つねに私のより所と

なり、礼拝の対象となるのは阿弥陀如来だからです。

他にも浄土真宗のお墓を建てるときには注意点がいくつかありますので、建てようと思ったらまず、お取次ぎのお

寺に相談することが大切です。

お墓は、先祖や故人が必要とするからあるのではなく、私たちが先祖、故人を敬い称えたいと思うから建てるので

す。また遺骨を前にして、諸行無常を味わい、先祖の願いを聞きながら、生死を越えて確かなよりどころとなるお

念仏の教えを味わう場。それがお墓ではないでしょうか。