お彼岸

お彼岸は、正式には「彼岸会」といい、春と秋に、それぞれ春分の日と秋分の

日を中日として前後三日間の計七日間にわたって行われます。日本独特の

仏教行事で、聖徳太子の頃にはじまったと伝えられ、江戸時代には年中行事

として定着しました。「彼岸」とは、古代インドの言葉、サンスクリット語(梵語)の

「パーラミター(波羅蜜多)」を漢訳した「到彼岸」からきています。“迷いの世界”

であるこの世(此岸)から、“悟りの世界”である(彼岸)に至る、という意味で

す。つまり、彼岸会とは、本来、悟りを開くために、仏道に精進する行事なので

す。

また、太陽が真東から出て真西に沈む春分の日と秋分の日は、沈んでいく太

陽を通して、そのかなたにある西方極楽浄土を思い浮かべる(日想観)という

修行を行うのに適したときとされます。親鸞聖人が七高僧として仰がれた、善

導大師の「観経疏」にも「その日、正東より出でて、直に西に没すればなり。弥

陀の仏国は日の没するところにありたり」とあります。この日想観の仏事と、日

本の祖霊崇拝とが結びついて、日本独特の彼岸会となったともいわれていま

す。

したがって、彼岸会には、先祖をしのび、自分の今あることを先祖に感謝し

て、墓参りをするとともに、自らも心を穏やかにして精進するものとされます。

例えば生き物を慈しみ、施しを行うとか、自宅のお仏壇の前に家族一同集い

お経を称えたり、お取次ぎのお寺の彼岸会に参加するなど、信仰の実践をす

ることが勧められます。

ただ浄土真宗では「あの世に行かれた先祖を供養する期間」とはとらえず、

「ご先祖や私を悟りの世界(お浄土)へと到らしめてくださる如来さまのお徳をた

たえ、そのお心を聴聞させていただく仏縁」としていただきます。

法徳寺でも3月23日(日)1時半より春季彼岸会法要をおこないます。皆さん

多くのが参加をお待ちしております。

伊東知幸