お釈迦様の誕生

時は春。4月8日。摩耶夫人は旅の途中でした。釈迦国の首都、カピラ城から

里方のコーリヤ国に里帰りして出産するためでした。途中、ルンビニーの園

で、小憩をとられた、そのとき、彼女の右脇下を破って、1人の男児が出生しま

した。摩耶夫人と、その夫であり釈迦国の王である浄飯王とのあいだの子、シ

ッダールタ太子の誕生でした。そして、このシッダールタ太子こそ、後に出家を

し、悟りを開いて仏陀となられた、「お釈迦様」に他なりません。

西暦紀元前566年の4月8日の事でした。この日、偉大なる人類の教師である

お釈迦様が、この地球に出現されたのでした。

摩耶夫人の右脇下を破り出た、シッダールタ太子をしっかり受け止めるべく、

地上に忽然として七茎の蓮の花が咲き出ました。太子はその上に降り立ちま

した。そして、太子は、ゆっくりと、着実に、だれの助けも借りることなく、七歩

を歩く。その姿は獅子が密林を行くがごとくでした。七歩目、彼は立ち止まる。

右手をあげ天を指し、左手は地を指し、シッダールタ太子はりんりんと響き渡

る声をもって宣言しました。

「天上天下唯我独尊」それは、シッダールタ太子の産声でした。「天にも地にも

ただ我ひとり尊い」とは、のちに太子が「仏陀」となって、この世の人々を救済

されることの、いわば予告的な宣言です。

産道を経ずに産まれたということは、凡人とは違った偉大なる聖人を意味し、

七歩歩いたということは、六道(地獄・餓鬼・畜生・修羅・人天)を流転しつづけ

る輪廻を、超越した存在であることを、象徴しているとされています。

それらの逸話が事実であるかどうかは、誰にも分かりません。本当は平凡に

産まれたのだとしても、そのような仏伝が言い伝えられるほど、偉大な聖人だ

ったのでしょう。

ただ言うまでもありませんが、釈迦如来は実在の人物で、この世で悟りを得

て、「仏」と崇められた唯一の人物だということです。有史以来、多くの名僧、

各宗派の開祖が出現しましたが、釈迦如来以外、各宗派が認める、この世で

悟りを得て仏となった人物はいません。

同じ如来でも私たちのご本尊である「阿弥陀如来」は歴史上の人物であるとは

言えません。阿弥陀如来は、インドの国王であった、法蔵菩薩が王位を捨て、

師である世自在王如来によって示された、極楽浄土に生まれるために四十八

の誓願をたてて、修行しました。その結果、阿弥陀如来となって極楽浄土に住

むことになったといいます。ただ宗教上は揺るぎない事実ととらえます。

「灌仏会」はお釈迦様の誕生を祝う行事で、仏教各宗派共通の行事として、全

国各地で行われています。一般には「花まつり」として親しまれています。法徳

寺では、あいにく割愛させてもらってますが、各地の寺で、ルンビニーの花園

にみたてて花で飾った「花御堂」に、天と地を指さした釈迦の誕生仏を安置し

て法会を行い、甘露を産湯としたという故事にならい、誕生仏に甘茶をかけて

祝います。

この「灌仏会」(花まつり)の存在を知る人は極めて少ないようです。クリスマス

を知らない人はいないでしょう。そう「灌仏会」はキリスト教のクリスマスにあた

ります。同じように宗教の創唱者の誕生を祝う行事です。どうしてここまで日本

人への浸透の度合いが違うのでしょう。日本人は本来、ほとんどの人が仏教

徒のはずです。日本人の宗教離れ、いや仏教離れは極めて深刻になってい

るといえましょう。