わが母だけを救えない 〜お盆のいわれ〜

お釈迦さまの弟子の一人に、「神通第一」といわれた目連尊者.(マウドガルヤ

ーナ)がいました。ある日、目連は持ち前の神通力(超能力)を使って、亡き母

がいずれの世界に再生しているかさぐろうとしました。最初に彼は天界をさが

しましたが、亡母はそこにはいませんでした。そして次に人間界をさぐります

が、そこにも母の姿はありません。そこで、目連は修羅の世界に行き、母を見

つけようとしたが見つかりません。畜生界にも母はいません。まさか…と思い

つつ、目連は餓鬼の世界に行きます。そしてそこに、餓鬼と変じた母の姿を発

見しました。餓鬼は、生前、欲深い方が、落ちる世界で、いつも、餓えに苦しむ

世界です。

目連は、母を救いたいと、急いで母親に供養します。ご馳走を母親に献じまし

たが、しかし餓鬼となった母親はそのご馳走を食べることは出来ません。食物

を口に持っていくと、それが炎を上げて燃え出すために、いつまでたっても、空

腹の苦しみなのです。

目連はお釈迦さまのところへ行きました。どうすれば母を救うことができるの

か、教わるためです。

お釈迦さまは言われました。「目連よ、いかにそなたが神通第一であっても、

神通力によって母を救うことはできない。七月十五日、僧たちが三ヶ月の安居

を終えて遊行に出かける日、大勢の僧に供養せよ。その大勢の僧の読経の

功徳によって、母は救われるであろう」インドには三ヶ月の雨季があります。雨

季の間は遊行が困難なので、僧は一ヶ所に安住して修行します。七月十五日

にはその安居が終わります。その時に僧たちに布施をすれば、その功徳でも

って母は救われると、お釈迦さまは教えられたのです。「布施」というものは、

自分の母だけに食物を施すことではないのです。そんなことをしても、餓鬼と

なった母には食べられません。そうではなしに、大勢のお坊さんに布施をし

て、その大勢のお坊さんにお願いして、餓鬼となった「すべて」の人びとを救っ

てもらうようにお願いします。そうしたとき、はじめて自分の母を救うことができ

たのでした。

仏教の目指すところは、自分さえよければいい、自分さえ、救われればいいと

いう教えではないのです。すべての者が、救われることが、自分の救いでもあ

るということを、私達に教えてくれていると思います。

しかし、私は、「自分さえよければいい」という心から離れることが出来ませ

ん。私のような、欲深い人間は、餓鬼におちるのでしょう。しかし、私のような

者を救うという阿弥陀如来の救いをありがたく、お聞かせ頂きますと、少しで

も、その心を、少なくするように、努めたいと思います。毎年、お盆の行事が近

づきますと、日頃の自分の行いを恥ることであります。

お盆は正しくは盂蘭盆会といい、七月十五日を中心に行われます。しかし月

遅れの八月十三日から一六日までをお盆としている地方が多いようです。法

徳寺では毎年たくさんの方がお参り頂く、「お盆法要」を今年も厳修いたしま

す。是非、仏さまの教えを聞き、日頃の自分の姿を、振り返ってみませんか。

詳しくは行事予定をご覧下さい。