父母の供養のために念仏はしない 〜歎異抄第5章〜

 

「親鸞は、父母の孝養のためとて、一返にても念仏もうしたることいまださふらはず。」

普通では考えられない御文で始まるのが、歎異抄第5条です。我々が日頃の生活の中で、

念仏を唱えたりお経を読んだりすることは、浄土真宗ではどのように解釈されるのかもう

一度考えてみましょう。

ごく一般に念仏を唱えることは、以下のような意味があると考えられているでしょう。

「声に出して唱え発せられた念仏、もしくはその気持ちは、仏の世界に届き、先祖に良い作

用を及ぼす(供養になる)。そして良い行いをした私達は、お返しに仏の慈悲を頂き、幸せ

になることが出来る」

 しかし冒頭のように親鸞聖人が父母の供養のために念仏はしないと申し上げた以上、上記

のごく一般的な念仏や供養の考えは否定されることになります。

 まず一つ目に、仏教の考えでは自分の生みの親だけが親では無いと考えるということです

。すべての生きとし生けるものみんなが、親であり子であると考えるのです。この世のすべ

ての人が、輪廻転生を続けてきた間の、自分の父母兄弟であるのです。だから仮に供養のた

めに念仏を唱えるのならば、その対象をすべての生きとし生けるもの全てと考えなければい

けないのです。

 つぎに念仏が自力の善ならば念仏を「回向」して父母を助けることも可能でしょう。しか

し何度も申し上げているとおり、浄土真宗の念仏は、絶対他力(仏の力、仏より頂くもの)

なのです。

 「回向」とは、自分の行った善をめぐらし他人に与えるという意味です。死者のために、

仏事を行なって、その仏事という善を死者のために与えることです。だが我々凡夫は煩悩を

取り払うことが出来ない以上、こうした自力の善を励むことは決して出来ないのです。更に

言えば他人に慈悲など与えられるわけが無いのです。出来ることは仏様のはからいに従い、

念仏を唱えすべて仏様にお任せしようと思うことです。阿弥陀様はすべての人を必ず救って

くださることを誓ってくださっています。我々の善行はその本願の力には遠く及びません。

だから供養に関してはすべて仏様にお任せして、我々は自分がいつか命終わる時に備えて仏

の教えを素直に受け止めることが大事なのです。また仏のお慈悲は念仏、したしないに関わ

らず、またその回数にも関係なくどなたに平等に頂くことができるのです。