歎異抄 第6章 

「親鸞は弟子1人も持たず候」

歎異抄 第6章に「親鸞は、弟子などというものは一人も持っていません。その理由は、自分の力でもって他人に念仏をとなえさせるというのなら、これはまぎれもなく弟子といえるでしょうが、阿弥陀仏のお導きでお念仏をとなえている人を、自分の弟子だなどということは、たいへんな見当違いなのです。」とあります。

 実際には親鸞聖人は多くの「弟子」をもっていたと伝えられています。また親鸞聖人ご自身も、浄土宗の開祖法然上人のお弟子でありました。歎異抄の著者唯円を含む、多くのお弟子を抱える親鸞聖人はどうしてこのようなことをおっしゃったのでしょうか。それは浄土真宗教義の根本「絶対他力」に拠るものであるといえます。これは、「念仏は自分でとなえるのではない、阿弥陀さまがとなえさせてくれるのだ」という意味です。つまり弟子たちに念仏を教えたのは確かに親鸞聖人であると言えるが、それは見かけだけのことであって本当は阿弥陀仏のはからいが裏にあったからなのです。そして人との出会いも縁に寄るものです。その縁をつくっているのが阿弥陀さまだということです。これら浄土真宗特有の教義が、各宗派の開祖としては異例の上記のような発言に繋がったのです。

 私たちが皆様に教えを広めようと、法話をしたりお話をする時に気をつけていることは上記と同じように、自分がお念仏を教えるのだとは思わないことです。浄土真宗の教義を広めるにあたり私が「教える」というのはご法度です。我々は「お取次ぎをする」と言っています。私たちが何もしなくても阿弥陀さまは、皆様に教えを広めようと努力してくださっています。僧侶はまずその邪魔をせず間違った教えを広めないように、言行をつつしみ、人道世法を守り、力を合わせてひろく世の中にまことのみ法をひろめるように努めることです。

これを忘れてしまうと同じお念仏をする仲間なのにいつのまにか派閥ができてしまいます。もし、お念仏を「教える」僧侶が現れたら、それを師と仰ぐ信者が現れ、いずれ教団の宗風が乱れます。つまり阿弥陀さまを拝むのではなく、師を拝むことに繋がるのです。そして、仏に拝まれるより自分に拝まれるほうが気分は良くなるでしょう。いずれその僧侶は自分に都合のいい教義に改ざんしていくでしょう。

その一人が親鸞聖人の子である善鸞でした。善鸞は、関東各地にいる親鸞聖人の直接の弟子たちを押えて自分の下にくみ込もうとしました。そして他力往生の教えとは程遠い教えを説きました。結果、父、親鸞聖人によって義絶されました。親として親鸞聖人の嘆きはいかばかりだったでしょう。

そういったことを踏まえ親鸞聖人は弟子をもたないとおっしゃったのでしょう。親鸞聖人ご自身も仏弟子であります。ともにお念仏に出会えた喜びを分かち合いましょうと絶対他力の教えを貫かれたのです。

参考文献 
歎異抄私解 大谷暢順氏  
まんが歎異抄入門 ひろさちや氏