精霊棚は必要ない

 

「お盆にはどのようなお飾りをすればいいのですか」と尋ねられることがあります。

これは、お盆独特の飾り方を親戚の家などで見かけたことがあるからでしょう。たしかに一般的な風習では、精霊棚を作って、お膳を用意するところがあるようですが、浄土真宗ではそういったことはいたしません。一般の法要と同じように、菓子、果物といった供物を仏前にお供えし、前卓には打敷(※)をかければよいでしょう。(※金襴で華麗な色彩の三角形状の布、各法要の際、豪華にお飾りする際に用いる。)

 ちなみに「精霊棚」というのは、先祖の霊をもてなすために用意するも棚で、位牌を並べ、その前に精進料理のお膳や迎え団子、その他盛りだくさんの果物、野菜を供えるものです。また、ナスとキュウリに割り箸を刺して、牛と馬に見立てます。これらは先祖の霊が乗るための乗り物だそうです。

 特に禅宗などでは、この精霊棚の前で読経が行われ、こればいわゆる「棚経」と呼ばれているものです。つまり、ご先祖の霊を丁重にもてなし、追善回向しようとするのが、精霊棚の慣わしです。

 しかし、こうした風習はお盆本来の由来から言えば、少し筋違いではないかと思います。

 そもそもお盆とは、仏弟子の目連尊者が餓鬼道に落ちた亡き母を救おうとして、その母に食物を与えるのですが救われず、お釈迦様の導きで、衆僧に供養して初めて救われた(その日が715日)という故事から起こった行事です。すなわち、亡き母や特定の先祖に供物を捧げるというのではなく、自らが深く仏法に帰依して、限りなき仏様のはたらきを仰いでいく、ということでしょう。言い換えれば、ご先祖のご恩に報いる道は私自身がお念仏を慶ぶ身となることです。ご先祖への報恩の思いから仏法を聞かせていただき、阿弥陀如来のお力によって救われていく身の幸せを喜ぶのがお盆です。

 ですから精霊棚を設けるのではなく、ご本尊の如来様を心から仰ぎ、お供え等をおこなって下さい。

 また一般にご先祖が13日に帰ってきて16日にあの世に戻っていくと言われていますが、それも浄土真宗信者ならば真に受けるのはどうかと思います。浄土真宗にはもともと仏様はお浄土へ行かれたら、いつでも舞い戻ってこられるという考えがあり(還相回向という)一年中ずっと仏様と一緒に暮らしていると考えているのです。ですから仏様の慈悲や智慧を一年中存分に享受することが出来るわけです。実際皆さんの心の中には亡き方がいつでもいてくれていると思います。

 ですから年に4日だけ戻ってきて、それ以外はあの世にいるという考えは、あまりにも寂しいと思います。4日間以外は戻ってこないと思い、供養が堕落することも考えられます。ですのでいつでも舞い戻ってくると心構え、一年中がお盆だと思っているのが浄土真宗の信者の正しい行いだと思います。