季節の花            

なんとなく、境内を散歩していたら、結構、花が咲いているのに気が付き、

写真を撮ってみました。お寺にとって、境内の植物は、とても大事なものです。

心が癒されますし、涼しさを与えてくれます。

また、しばらくしたら、写真を追加したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2002年7月9日〜11日に撮影しました。

お寺の中心にある樫の木には、夏になると樹液が出ます。それを求めて、沢山の虫たちが集まります。だんだん

減ってはきていますが、コクワガタ、ノコギリクワガタ、カブトムシなどを見ることが出来ます。上の写真は、我が家

で、今年羽化した国産オオクワガタで、撮影の為、飼育ケースから出して、木で散歩させてみました(^_^;)。今年も、

数匹の幼虫が生まれました、来年には、大きな成虫になることでしょう。

 

 

 

 

2002年8月31日撮影

 

 

 

 

 

丁度、秋のお彼岸に花を咲かせるのが、ご存知、彼岸花です。何故、毎年この時期に花を咲かせるのでしょう

か?彼岸花にお聞きしてみたいものです。お寺やお墓などによく見られることから、死人花などとも言われて忌み

嫌われてしまう花でもありますが、食料や薬にもなるなんて、最近知りました。でも、そのまま食べてはいけませ

んよ(^_^;)、球根には毒があります。私は、小さい頃から、気味の悪い花に思っておりましたけど、最近は、なんだ

かとっても愛着があります。よく見ると、とっても綺麗だし、お寺の境内に彼岸花はベストマッチ!ですね。

2002年9月27日撮影

只今、境内の梅の花が満開です。

 

2003年2月28日撮影

    次のページへ