お盆のQ&A

  
     
今年、主人が亡くなり、新盆を勤めるのですが、浄土真宗では

     お盆の準備をどのようにすればよろしいで しょうか。

     また、親戚が提灯を買ってくれるというのですが、お受けしたほうが

     いいのでしょうか。

  

 
新盆とは、亡くなられて、初めて迎えるお盆のことを申しますが、特に、初め

て、お葬式をだされたお宅では、どのように、お盆を迎えたらよいか悩まれる

ことでしょう。皆さんのご近所にも、お盆の時期になりますと、「精霊棚」を作っ

て、お膳を用意されているお宅があると思います。「精霊棚」とは、ご先祖の霊

を迎えてもてなす為に用意する棚で、仏壇から位牌を出して棚に並べ、その

前に精進料理のお膳や迎え団子、その他盛りたくさんの果物・野菜を供えるも

のです。また、ナスやキュウリで牛と馬に見立てます。これらは、ご先祖の霊

が乗るための乗り物だそうで、ご先祖が来るときは馬で早く来て、お盆が終わ

り、帰るときは、牛に乗ってゆっくりという意味があるのだそうです。そして、迎

え火を焚き、ご先祖の霊をお迎えし、送り火を焚いて送り返すのです。提灯も迎え

火と同じように、ご先祖が来る時に、家を間違えないように、目印になるようにという

意味があるようですが、これは他宗のお飾りです。

浄土真宗のお盆独特のお飾りはありません。常日頃のお飾りのままで結構です。ま

た、迎え火を焚いたり死者の霊を迎えるさまざまな準備は必要ありません。お供え

も派手に飾り立てるのではなく、餅・菓子・果物をスッキリとお供えします。

 理由は、ご先祖はお盆の時期にだけ帰ってくるわけではないからです。いつでも、

この娑婆世界に戻られ、私たちを見守っていて下さるのです。また、ご先祖の霊に

お供物をするのではなく、常日頃から、私たちの救い主、阿弥陀如来さまにお供物

をいたしますので、お盆だけ特別にする必要はありません。提灯も買う必要ありま

せんが、親戚の方が下さるというのに、無理に断ることもないでしょう。このように私

が申しますと、「浄土真宗は楽でいいですね」とおっしゃる方がいますが、教えに反

することは必要ないだけです。しかし、いつでもどこでも帰ってきて下さっているのが

浄土真宗だとすると、他宗よりも大変です。毎日お盆の気持ちでお世話しなければ

いけないのですから…まあこれは半分冗談ですが、それよりも、矛盾を感じるの

は、お葬式に清め塩をして、亡き方を穢れと扱い。棺に釘打ちをして、亡き方との関

係を無理やりに断ち切り、火葬場の行き帰りの道を変えたり、亡き方が生前使って

いた茶碗を割り、「あの世に行って下さい、戻ってこないで下さい。あなたはもうこの

世の住人ではありませんよ」と意味する行為を当たり前のようにしております。しか

し、お盆になると、迎え火を焚き、「お盆にだけは戻ってきて下さい」お盆が終わる

と、送り火を焚いて「もう帰って下さい」と追い返す。これは、大変おかしなことです。

第一、迎え火や提灯が自分の帰る家の目印になるのでしょうか。それと、キュウリ

やナスが何で亡き方の乗り物なのでしょうか。いやいやすみません。ついつい言い

たいことを言いましたが、皆さんもこんなことは坊さんに言われなくてもおかしいなと

感じたことがあるんじゃないでしょうか。誤解しないでいただきたいのは、これらの風

習は、決して仏教の教えとはまったく関係ないのです。それでも、やはり、亡くなられ

た方が年に一度我が家に戻ってくるという日本古来の風習は理屈ではないのでしょ

う。

 私は、以前浄土真宗の教えからすると、お盆という行事は要らないのではないか

と思ったことがあったのです。お盆の由来は、盂蘭盆経(古代インド語のウランバナ

を漢字に音訳したものが盂蘭盆です。ウランバナとは逆さまの吊るされた餓鬼道の

苦しみという意味です)というお経がもとになっているといわれています。盂蘭盆経

の内容は、仏弟子の目連尊者が餓鬼道(常に飢えと渇きに苦しむ世界、生前、むさ

ぼりの心による行為の報いとされる)に堕ちた亡き母を救おうとして、その母に食物

を与えるのですが救われず、お釈迦さまの導きで衆僧に供養して初めて救われたと

いうものです。

このお経の内容がいつのまにか忘れられ、亡き方があの世からこの世へ帰る行事

になってしまったのはどうしてでしょうか?。それはさておき、この亡き母や特定の

先祖にお供物を捧げるのではなく、衆僧に供養するという意味は何を示しているの

かというと、衆僧とは、僧侶という意味だけでなく、仏様の教え、仏教の教団も含ん

でいます。衆僧に供養すると言う意味は、仏法に自ら帰依して、自ら仏法を聞く身に

なり、お救いくださる、限りなき仏さまのおはたらきを仰いでゆくことを意味します。

目連尊者は、お釈迦様の導きにより、仏様の教えに深く帰依するようになったこと

が、母を餓鬼道から救うことになったのです。この本来のお盆の行事を考えてみる

と、浄土真宗のお盆は、お盆の時期に亡き方が戻ってきてくれるから供養するので

はなく、亡き方をご縁として、私自身が仏法に帰依し、お念仏を称える身とならせて

いただき、阿弥陀如来さまのお力によって、お浄土へ救われていく身の幸せを喜ぶ

ことです。これが、亡き方への最大の供養なのです。

 このお盆本来の由来を知った後、私はお盆の行事を、「自ら仏法に出会わせてい

ただく大切な行事」であるといただくようになりました。「なんまんだぶなんまんだぶ」

お盆には多くの方の念仏の声を聞かせて下さい。

回答者 副住職 伊東英幸